読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山田くん24歳の誕生日に寄せて

山田涼介くん、24歳の誕生日おめでとうございます!!!!

山田くんと出会ったのはまだ20歳になりたての時だったので、時の流れの速さに驚いています。あっという間に4年とか過ぎちゃうものですね

 

23歳の1年、特に印象に残っているのはコンサートのプロデュースと月9主演です

 

まずは、コンサートのプロデュース。山田担として、山田くんがこんなことを考えて、こんな世界観を出していきたいんだなというビジョンが垣間見れた気がして、本当に幸せでしたし、嬉しかったです。プロムなんておしゃれな設定思い浮かぶのさすがスーパーアイドル♡

コンサートを通じて一番好きな演出は最後の直筆のメッセージです。ただでさえDear.→挨拶の流れで泣きっぱなしなのに、ずっといっしょにいようね、愛してるよなんて言われたらもう!!!!好きしかない!!!!大号泣するしかない!!!!いっしょにいるよ!!!!!!(うるさい)まさかの仮面型ペンライトは衝撃的すぎましたが、プリとか自撮りとか撮る時楽しかったし、愛のシュビドゥバ可愛かったし、テーマや舞台との親和性考えたら有りかなって思います。結局、山田くんの考えた世界が好きなので!!!(大声)

 

次に、月9主演。このお仕事が決まった時、本当に山田くんのファンでいて誇らしかったです。今はもう視聴率がとれなくなってきてる枠でも、月9は月9。やっぱり特別な枠です。また、月9にしては控えめではあったけど、キスやバックハグなど山田くんが今までやってこなかった(むしろ、やりたくてもできなかった)シーンがたくさん見れて幸せでした!まあ、免疫なさすぎて毎週のように泣いていましたが…あの三ヶ月を思い出すと毎週毎週終わった後に山田担と語りまくって、耐えきれなくなると電話とかして楽しかったなぁと思います。(毎週のように火曜日に視聴率チェックしては一喜一憂してたのも楽しい思い出)

 

あと、結成日以降山田くんが何度も10歳になりますと繰り返していたのも印象的でした。現状10周年感はほぼほぼ皆無ですが、きっとドカンと大きな仕事なりツアーなりが決まっていくと思うので、楽しみに待っています。

 

ここまで書いてきて、これを書くべきなのか迷ったのですが、記録として残しておきたいので…

23歳は山田くんにとって試練の年だったのかなとも思っています。ツアー中に痛めた腰。何がきっかけだったのかはイマイチよく分かっていないのですが、とにかく1年間苦しめられてきたと思います。腰がそんな状態でコンサートをして、まげられないからダンスもところどころ変えて、いよいよキツくなってMC中に休んでしまった公演もありました。そして、これは今年以降も続いていってしまうのかもしれません。山田くんの言葉を否定してしまうかもしれないので言いたくないのですが、無理せずに休んでください。体はアイドルにとって資本です。腰が悪化したら山田くんが大好きで頑張ってきたダンスができません。アクションだって制限されてしまいます。なので、運動会で競技に出なかったと聞いて、心配した気持ちもありますが少し安心しました…どこまでいったら無理なのかはきっと自分が一番分かってると思うので、心配しないってのは無理ですが、そこそこに心配しつつ山田くんのことを信じて、完璧な体に戻ることを信じて回復を待とうと思います。

 

 さて!

24歳、山田くんにとって大きな仕事が2つ決まってますね!主演映画2本あんな短いスパンで公開されると思ってなくて、お金が心配ですが、いっぱい見に行きます!!どちらも人気原作ですが、山田くんならきっといい意味で裏切ってくれると思うので、こちらは黙ってたくさんスクリーンに映る俳優 山田涼介を堪能するだけです♡後は、10周年という節目を迎えて今山田くんが思ってることをたくさん聞ける1年になったらいいなと思ってます。ベストアルバム出すなら全員のソロ曲欲しいな〜とか妄想は止まりませんが、長くなるのでここら辺にしておきます。

最後に

山田くんにとって幸せな1年になりますように!!!!

 

2017.5.9